ニコ生での配信代行の荒らし対策についてのいろいろ

いまや、動画サイトは非常に身近なものになり、ライブストリーミングも個人の趣味としてだけでなく、企業や学校法人のような団体のPR活動にも使われています。しかしながら、そういった動画を作ったり、適切な機材と適切な技術で動画配信する準備ができている団体はそう多くないのではないでしょうか。例えば、ニコ生にPRとして十分なレベルで動画配信できるところはどれほどいるでしょうか。そのような団体であれば配信代行を依頼するのがよいかもしれません。そうすれば必ずうまくいくわけではありませんが、下手に独自に作るのは不手際のリスクがあがります。例えば、画質向上の技術が不十分であったり、自分たちでは思いもよらなかったミスで団体の信頼を落としてしまったりということは十分にありえます。
また、ニコ生であれば、動画の上をリアルタイムでコメントが流れるという性質上、荒らし対策にも敏感になる必要があるかもしれません。参考となるクレームもありえますが、事実無根の名誉毀損となりうるものもありえ、対策が必要になる可能性は低くないです。多くのコメントが一気に流れることを弾幕といったりしますが、これは動画の盛り上がりを視覚的に見せてくれ、動画視聴者同士の一体感を高めて動画に更に意識を向かわせるという良い効果もあります。

YouTube Liveの配信代行・中継は実績豊富なアバンクにお任せ下さい

http://abank.co.jp/niconico-live/

最新記事